スタッフブログ

2019/02/28

「オキナワの家」建築家 伊礼智さんの講演から

大阪の高性能注文住宅、リーフアーキテクチャの猪倉です。

 

先日、弊社の加盟する新住協(新木造住宅技術研究協議会)の研修会に参加してきました。

 

どんな団体や会社でもその「理念」が大切と、つくづく考える昨今なのですが、この新住協の目的に

 

「当法人は良質な住宅の普及のために、住宅供給に携わる研究者や技術者が協働して、各種木造工法住宅の技術研究に取り組み、だれもが良質で安価な住宅が求められる社会環境を構築する事業を行い、それらの活動が社会的に豊かな住文化の育成、地球環境の保全、住宅技術の振興及び地域経済の活性化に寄与することを目的とする。」

 

とあります。

 

通常、ライバル同士にもなりえる同業者ですが、その枠を超え、住まい手の事を一番に良質で安全な住宅を造ることに情報もオープンにして切磋琢磨する。

 

これって素晴らしいことだともうのです。

 

家具業界にも身を置く私ですが、正直言って、家具業界はその点、立ち遅れている・・・

 

それは、おいといて、

 

最近、人気の朝ドラ「まんぷく」の立花満平さん。消費者に有害な即席ラーメンを届けさせないために満腹ラーメンの製法特許を無償公開する。というところまでストーリーが展開していますが、これも会社が成長するための理念の大切さを示してますね。「世のため人のため」の活動は神様が支援して下さるのだともいます。

 

さて、話は本題にもどって

 

新住協の研修会では、その設立趣旨のごとく各地で高気密高断熱に取り組んでいる工務店が自らの活動を発表するのですが、それと合わせて、様々な講師をお呼びしての講演もあります。

 

で、今回の講師が建築家の伊礼智さん。

 

沖縄出身で現在は東京を拠点に全国で活躍する伊礼さん。

 

私も、何年も前からお名前や作品は知っていたのですが、お話を聞くのは初めてでした。

 

歳をとるにつれて故郷沖縄の建築作法が身についてきたという伊礼さん。

 

私も、趣味のダイビングで沖縄本島をはじめ、八重山諸島などの離島を巡るのですが、民宿で沖縄の昔ながらの民家に留まるとき、縁側に出てみんなでゆんたくをするときのあの、心和む空間が大好きでした。

 

伊礼さんのお話は、それを建築家の視点から様々な要素に分解し、わかりやすく解説をしてくれるものでした。

 

  • 沖縄の風土と建築
  • ヒンブン(屏風)
  • 見えない境界 ゆるやかにつながる
  • スージ(路地)
  • アマハジ(雨端)
  • 間の空間

などなど

 

で、そのお話が一冊の絵本にまとめられているということも、講演の中で知りました。

 

建築が好きな方だけでなく、沖縄が好きな方にとっては、沖縄の離島で民家を訪れた時のあの落ち着く感覚の理由が腹に落ちる一冊。

 

スタジオジブリの鈴木敏夫プロヂューサーが「無人島に持って行きたい本」としてこの「オキナワの家」取り上げたこともあるそうです。

 

それがきっかけで、最近復刻版ができたとか。

 

早速、購入させていただき、今、私の手元にあります。

 

ページをめくるたびに、今まで訪れた沖縄本島、そのそばにある久高島、また八重山の石垣島、竹富島、波照間島、鳩間島を訪れた時のことが、気持ちよい風と共に思い出されます。

 

八重山の離島めぐりのおともに是非お勧めの1冊です。

 

 

「オキナワの家」伊礼智

 

 

**************************************

大阪の注文住宅ならリーフアーキテクチュア

株式会社リーフ 代表 猪倉 厚

1級建築士・宅建士・インテリアコーディネーター

新築、リノベーションへのお問い合わせはこちらまで

リーフ大阪南港ショールーム

天然木の家具キッチン、フローリングが体感できるショールームはこちらまで

〒559-0034大阪市住之江区南港北2-1-10ATCビルITM棟5階

TEL 06(6613)6311 FAX 06(6613)6313

****************************************

一覧へ戻る