スタッフブログ

2019/08/24

京田辺市にて地盤調査の立ち合い

こんにちは!家具の修理・メンテナンス担当の中津井です。

 

先日、京都府京田辺市で建築予定のお家の地盤調査の立ち合いに行ってきました。

 

前回の私の記事では、住吉区の建築現場にて地盤調査のために草むしりをするという内容で、

 

雨・汗・泥まみれになりながらひたすら草を引っこ抜いておりましたが、

 

今回の現場は草むしりをする必要がないキレイに整地された現場でした。

 

 

 

地盤調査とは、建物を建てる前に、地盤が建物を支えられる力を持っているかどうかを調査する、

 

建物を建てる前に必ずしておかなければならない調査。

 

いくつか種類がある地盤調査方法の中で、レイリー派探査(表面波探査法)で調査します。

 

 

 

上の画像が表面波探査法で、右側に写っている寸胴鍋みたいなのが起震機で、

 

これが人工的に“ゆれ”を発生させます。

 

地面の中を伝わる表面波(レイリー波)の速さを、黒色の2つの検出器が計測を行い、

 

コンピューターにその計測値を収集して解析を行うというもの。

 

調査を行う場所は建物配置の4隅と中央の5箇所で測定。

 

この方法で地層の傾斜や状態、各層ごとに支持力がどのくらいあるかがわかります。

 

 

 

 

隣の敷地は畑になっていて、梨やイチジク、カボス?スダチ?みたいなのがありました^^

 

午前中の調査で天気は良く、陽射しが照りつける中での調査だったので、

 

私も調査員の方も汗だくでした^^;

 

果たして結果はいかに…?

 

 

*****************************

*:..。o○ 家具から始める家づくり ○o。..:*
リーフアーキテクチャ  中津井 祐貴
家具メンテナンス
リーフアーキテクチャ(アールプラスハウス大阪南港)
〒559-0034大阪市住之江区南港北2-1-10ATC ITM棟5FG-1
■tel:06-6613-6311  fax:06-6613-6313
■営業時間:平日10:00~18:30(土日祝19:00迄)
■定休日 毎週水曜日

****************************

一覧へ戻る