家づくりの基礎知識

1家づくりの流れ

家づくりをご検討され始めた際に、「何から始めたら良いのだろう」と悩まれた方も多いかと思います。
大切なのは、「いつ、何をしなければいけないか」を把握しておくことです。
リーフアーキテクチャでは、以下のような流れで家づくりを行っており、お客様に寄り添った存在でありたいと思っております。

01

無料相談会、家づくり勉強会にご参加

リーフアーキテクチャの家づくりにご興味を持たれた方は、まずはお電話にて無料相談会や家づくり勉強会のご予約をお願いいたします。
その際、「無料相談会の予約をしたいのですが…」とお伝えください。
もしくは、本ホームページの【無料相談会をご希望の方へ】からもメールにてご予約いただけます。
無料相談会はいつでも、家づくり勉強会は定期的に行っております。
無料相談会、家づくり勉強会ではお客様の家づくりに関するお悩みにお答えします。お金のこと、間取りのこと、土地のこと、他社様での見積りなど、家づくりに関することなら何でもお気軽にご相談ください。
ご相談時にお気に入りの雑誌やカタログなどをお持ちいただくとイメージが湧きやすくご相談がスムーズです。

02

個別資金相談

リーフアーキテクチャでは、まずは資金計画を行います。
どのエリアに暮らしたいのか?どのようなライフスタイルを送りたいか?など、理想の家のバランスを考えて、全体の予算から建物の価格、土地の価格、融資等に関わるお金のことをトータルで検討していきます。

03

ファイナンシャルプラン・
ライフプランシュミレーション

具体的にファイナンシャルプラン・ライフプランシュミレーションを行い、必要であれば予算変更をご提案させていただくなど、お客様に無理のない将来の返済計画を検討していきます。
また、リーフアーキテクチャでは自然素材を使用したオーダー家具にも自信を持っているため、ご希望の方は家具等、内装も含めたシュミレーションをご案内させていただきます。

ここまで無料サービス

04

パートナー契約

無理のない資金計画を立てられたところで、パートナー契約締結をお願いしております。
※申込金として10万円いただきます(建築契約時、前受金として充当)。

05

土地探し&敷地調査

土地をお持ちでない方は、資金計画に基づいて具体的に土地探しをお手伝いさせていただきます。
また、土地をお持ちの方は、敷地状況を拝見させていただき、立地とのバランスを考えた家づくりを今後ご提案させていただきます。
狭小地や変形地など一般的に不利な条件の土地でもお任せください。

06

プランお申し込み

資金計画が固まり、土地が確定したところで、設計プランお申し込みをお願いしております。
※基本設計料として20万円いただきます。

07

建築家との打ち合わせ及びプラン提案

リーフアーキテクチャは建築家による家づくりを強みとしています。
趣味のこと、ご家族のこと、お家での過ごし方など、理想のライフスタイルを教えて下さい。
楽しくコミュニケーションを取り、ワクワクした家づくりを一緒に進めましょう。
理想の暮らしを実現するプランをご提案させていただきます。

08

実施設計お申し込み

提案させていただいたプランの中から理想に近いものを設計するためのお申し込みをしていただきます。
※請負金額のうち100万円をいただきます。

09

プラン確定とご契約

プランやご要望、キッチンやお風呂などの設備機器が固まったところで、詳細金額を確定します。
建物内容や金額にご納得いただいた上で、建築契約を締結させていただきます。
※契約金として100万円をいただきます。

いよいよ着工!

10

地鎮祭、着工

土地の神様を鎮める、地鎮祭を行います。
一緒に工事に関わる安全を祈願します。
この際に、ご近所様へのご挨拶も積極的に行いましょう。

11

上棟、建物完成

工事の進捗に応じて現場打ち合わせや立会い確認をお願いしております。
また、お時間ございます際は是非現場へお越しください。
常に現場は綺麗にしておりますので、家づくりの進み具合を確認していただくことができます。

12

完成検査・見学会

完成後に安心して暮らしていただけるように検査を行います。
お引き渡し前には完成物件のお披露目会(見学会)をお願いすることがございます。

13

お引渡し

いよいよマイホームの完成です。
新居での新しい生活がスタートします。

14

保証・アフターメンテナンス

お引渡し後、お客様とリーフアーキテクチャのつながりがなくなる訳ではもちろんございません。
定期的なアフター点検とともに、10年間の保証が開始されます。
また、家のことでお困りのことなどございましたら早急に対応させていただきます。
安全・快適に暮らし続けられる家であるよう、保証・アフターメンテナンスにも自信を持っております。

具体的な流れはこちら