スタッフブログ

2018/08/30

高性能住宅とインテリアを考える ~1

大阪の高性能注文住宅、リーフアーキテクチャの猪倉です。

今回のブログのテーマは

 

高性能住宅とインテリアを考える

 

です。しばらくこのテーマに沿ってお話させていただこうと考えています。

当社が現在取り組む高性能住宅がなぜ大切なのか。

それと「インテリア」がどう関係するのか。

一見すれば何の関係もないように見えるかもしれません。

でも、実はそこには深い深いつながりがあるんです。

自分自身の経験も踏まえてお話させていただこうと思います。

 

 

飛騨高山のフィンユール邸(復元)建築とインテリアの理想形

 

 


 

アメリカ西海岸ツアーで見たもの

 

今から30年近く前、まだ「バブル」が残っていた時代、私は建築設計事務所で実務経験を積んだのち、実家の経営する家具小売店に入社しました。いろいろと業界の勉強をしているうちに、ロスアンジェルスやサンフランシスコにある、家具インテリアの流通業界を視察に行くというツアーがあり、それに参加したときのことです。

 

当時すでに西海岸では大手量販の「IKEA」や家が一軒建つほどの建材を扱っているホームセンター「ホームデポ」を核テナントとしたインテリア専門の商業施設があったり、インテリアコーディネーターを同伴して家具をセレクトする「インテリアセンター」という業態があったりで、それはそれで大変、興味深いものでした。しかし、私の興味を引いた話は実はバスの中で主催者のコンサルタントの話だったのです。

 

「ここ、サンフランシスコでは、新築住宅はあまり流通していません。皆さん、中古住宅を購入されます。人気の街なのでなかなか物件も少なく、いい値段がします。」

「そうしてやっと物件を手に入れてからは、自分で住まいのメンテナンスを頻繁に行います。壁紙を張り替えたり、ペンキを塗り替えたり、壊れたら自分で修理したり。先ほど見てきたホームデポなんかで買ってくるんですね。」

「ところで皆さん、なぜそんなに熱心に手入れすると思います?自分が楽しむため?それもありますが一番の理由は、売却の時により高く売るためなんです。」

「日本では、新築でも10年もたてば建物の評価ってぐっと落ちますよね?でも、こちらでは丁寧に手入れされていれば、買った時よりも高い値段で売れるのは珍しくないことなんです。」

 

それから30年近くの時を経て、最近、その当時聞いた話が一気に自分の中で電流の様に流れてきました。

 

 


 

家の資産価値が下がらなければ家の予算はインテリアに向かう

 

いつも不思議に思っていたこと。日本と比べて所得水準が高いというわけでもない欧米諸国のインテリアがなぜ、あんなに充実しているのか。北欧やイタリアになぜ世界を代表するような家具ブランドが存在しているのか。日本ではなぜ、家を建てるのに精いっぱいでなかなか家具インテリアまで手が回らないのか。

 

その疑問が最近になって、この30年前の出来事を思い出し、すべてがつながるように理解できました。

 

「家の資産価値が落ちなければインテリアは充実してくる」のです。

 

少し考えれば当たり前のことです。30年もすれば建て替えが必要な家であれは、そのメンテ費用もかなりの多額になる。断熱気密に気を使われていない家だと年間の光熱費も高止まりする。いわば、生活費用の大部分を家を建てるときだけでなく、住んでからも取られてしまいます。

 

逆に、長期間にわたり使い続けることの出来る家をつくってしまえば、建てた世代がランニングコストの恩恵を受けるだけでなく、老後、都心のマンションに引っ越すために売却する時も大きな値下がりを防ぐことができます。

 

中古市場にこのような高性能住宅が出回るようになれば、初めて住宅を購入する人たちの選択肢にもなりえます。

 

良質でそのまた次の世代にまで引き継ぐことの出来る家に住んだ人たちは、多額の予算を建物本体に取られる事もなく、本来家族が暮らす空間であるインテリアやそれを構成する家具にきちんと予算を回すことができるはずです。

 

 


 

日本のインテリアの充実は〇〇年後!?

 

それを考えて、現在の日本の現状を振り返った時、まだまだ時間がかかることに暗澹とせざるを得ません。

 

国は2020年に新築住宅の省エネレベルを引き上げはしますが、それすら最低基準です。本当に中に住む人がヒートショックにならず、アトピーや喘息、アレルギーなどの原因になるハウスダストも少ない家にしようとするならば、最低でもZEH(ゼロエネルギー住宅)基準、できればHEAT20のG1、G2レベルの性能が必要です。

 

最初の時期こそ、イニシャルコストの増大がハードルを高めますが、一度そのような住宅が市場に出れば、次世代からは高性能住宅がリーズナブルな価格で中古市場で手に入るようになります。そうすれば自然と、家で過ごす時間が増え、家での時間を楽しむための家具やインテリアに人々の関心だけでなく、現実的な予算も多く振り向けられることになるでしょう。

 

そこまでになるにはどれほどの時間がかかるのか、憂鬱でもありますが、それでもいますぐにできる方策もあるはず。

 

しばらく、「高性能住宅とインテリアの関係」についてお話をさせて頂こうと思います。

 

(この項続く)

 

**************************************

  大阪の注文住宅ならリーフアーキテクチュア

  株式会社リーフ 代表 猪倉 厚

  1級建築士・宅建士・インテリアコーディネーター

  新築、リノベーションへのお問い合わせはこちらまで

  リーフ大阪南港ショールーム

  天然木の家具キッチン、フローリングが体感できるショールームはこちらまで

〒559-0034大阪市住之江区南港北2-1-10ATCビルITM棟5階

TEL 06(6613)6311 FAX 06(6613)6313

****************************************

一覧へ戻る