blog

ブログ

吹田の家 地鎮祭から上棟まで

幸せになる家を造る建築士、リーフアーキテクチャの猪倉です。

前回のブログで地鎮祭のご紹介をいたしました吹田市のK様邸。

早いもので、上棟を迎えました。

地鎮祭以降、上棟までの様子をご紹介いたします。

 

地盤改良工事

K様の宅地は工事前に地盤調査を行ったところ、若干地盤の弱いところが見られたため、地盤改良工事を行いました。

地盤の強弱は正確には地盤調査を行わないとわかりませんが、その地形や成り立ちから大体の推測はつくものです。

こちらの土地は、擁壁に囲まれたところに盛土を行って宅地を造っています。

基本的に盛土のところは地盤が弱い可能性がありますが、調査の結果やはり改良工事が必要なことが判明。

基礎工事の前に地盤改良工事を行いました。

地盤改良工事もいろいろな工法がありますが、ここでは柱状改良と呼ばれる、一般的な工法を採用。

大きなドリルで地面を掘り、抜きながらセメントを流し込んでいくことで、土中にセメントの杭を造っていきます。

 

 

 

工事の途中で、土中から大きな石を発見!

何十年物前の宅地造成時に埋められていたもののようでした。

このような石は地中障害物と呼ばれます。

土地の売買の時には、もしも地中障害物が出てきたらどうするかという取り決めをしておくことが大切。

今回の土地の契約時での取決めでは、もともとここに建っていた建物の基礎などが残っていた場合は売主の負担での除去となっていましたが、自然物(石など)の除去は買主負担となっていたのでK様側で処理をしなければなりません。

幸い、基礎工事の業者さんに相談したとこっろ格安で処分してくれるということで、この大石は敷地の隅の仮置きされ、基礎工事の時に無事に持って帰ってもらえました。大きな金額負担にならなくてよかった~

 

 

基礎工事

さて、地盤改良がすんだらいよいよ基礎工事です。

最初に、地面を掘り、ランマーという機械で土を固く締め固めていきます。

この工程が地業といわれ、基礎工事のいわば土台にあたる部分です。

 

 

地鎮祭の時に神職様から頂いた鎮物(しずめもの)はこの時に家の中心のあたりに埋めていきます。後からどこに埋めたかわかるように、寸法を測ってます。

 

 

地業が終われば、土の中から湿気が上がってくるのを防ぐために防湿シートを敷き詰めるのですが、リーフではこのシートに防蟻効果のあるものを使用。土の中から白アリが直接基礎に到達するのを防いでいます。

 

 

その次が配筋。基礎の図面に記載されている通り、鉄筋を配置していきます。リーフでは許容応力度計算による耐震等級3を標準仕様にしているので、鉄筋の量もかなり多いです。人通口と及ばれる基礎の立ち上がりの下にも補強筋などがたくさん入ります。

建築基準法ギリギリセーフのレベルが耐震等級1となるのですが、この配筋の時点で明らかに鉄筋の量が違い、建築の専門家なら見ただけで耐震等級がある程度わかります。

配筋が終わると、コンクリートを流し込む前にスリーブと呼ばれるパイプを取り付けていきます。これは外部から建物内へ配管を通すためのもの。コンクリートを打設してから後から穴をあけるのは大変なので前もって、このように仕込んでおきます。箇所や寸法を間違わないように気を遣う部分です。

 

 

スリーブの取付も終わり、準備ができたところで配筋検査を行います。リーフではJIOという民間の検査機関に検査を依頼。第3者の目で厳しく図面通りに配筋がなされているかチェックされます。無事、合格でほっと一息でした。

 

 

さて、いよいよコンクリート打設の日。コンクリートミキサー車で運ばれてきた生コンはいきなり型枠に流し込むのではなく設計通りの配合になっているかの試験を行います。

 

 

基礎の底版、スラブと呼ばれる部分の打設が終わりました。この後、数日置いてから基礎の立上り部分の打設も行います。

 

 

土台伏(どだいぶせ)

基礎立ち上がりのコンクリートの打設も終え、型枠が外れたらいよいよ上棟準備の土台伏を行います。基礎の上に土台と呼ばれる木材を取り付けていきます。

 

 

土台を基礎の上に乗せるときは間に基礎パッキンと呼ばれる部材を挟みます。今回、使用するのはシロアリにも強い城東テクノさんの基礎パッキン。大部分を床断熱で施工するので基本は通気パッキンを使います。

 

玄関や浴室周りは基礎断熱になるので気密パッキンを使用。

 

こうして土台の準備ができたらいよいよ上棟です!

 

上棟

このところ雨に降られたり、嫌な天気が続いてましたが、上棟の日は見事に晴れ!

天気の神様に感謝感謝!

クレーンで柱や梁が次々と吊り上げられ、見る見るうちに家の輪郭が出来上がっていきます。

K様邸の特徴の切妻屋根が姿を現します。

 

今回は屋根をフェノバボードのダブル断熱で施工。

1層目の野地板の上に貼る透湿防水シートはウルト社のウートップサーモ。

他社のものと比べて滑りにくいので今回のような急傾斜(6寸勾配)の屋根にはうってつけです。

 

夕方にはシートもすべて敷終わり、ブルーシートで養生です。

 

2階上のロフトはこんな感じ。

 

ちなみに、先週来ていただいていたインターンシップの学生さんが作ってくれた模型がこちら。全体像がよくわかりますね(^^)

上棟の日に!

そして、おめでたいことにこの上棟の日に、K様に第2子の男の子がご誕生!

おめでとうございます!!

御家族が4人様となりました。

ご新居で過ごされる日が今から楽しみですね(^^)

これからもよろしくお願いいたします!

失敗しない家づくりのためにしっかりと事前勉強を

さて、K様をはじめ、多くのお客様がも参加された「家づくり勉強会」。

失敗しない家づくりを進めるには事前にきちんとした知識の勉強が大切です。

次回は9月19日(日)を予定しています。

これから家づくりをとお考え中のかた、ぜひご参加ください。

個別相談会へのお申込みはこちらから。

家づくり勉強会へのお申込みはこちらから

事前にしっかりと勉強をして、後悔の無い家づくりをされて下さい!

**************************************

大阪で高性能×インテリアの注文住宅なら
「住まいのワンストップサービス」の
リーフアーキテクチュア
株式会社リーフ 代表 猪倉 厚
1級建築士・宅建士・インテリアコーディネーター

Youtubeチャンネル開設しました。チャンネル登録お願いします!

新築、リノベーションへのお問い合わせはこちらまで

天然木の家具キッチン、フローリングが体感できるショールームはこちらまで

リーフアーキテクチャ大阪狭山スタジオ
〒589-0013大阪狭山市茱萸木6丁目1946番
TEL 072(284)7144 FAX 072(284)7145

リーフアーキテクチャ大阪南港スタジオ(完全予約制)
〒559-0034大阪市住之江区南港北2-1-10ATCビルITM棟9階IHPC内

****************************************

大阪市の新築一戸建ての注文住宅を建てるハウスメーカーのショールーム

大阪府の新築注文住宅を建てるデザイン住宅のハウスメーカーのショールーム

キッチン・家具・雑貨など、
実際に来て見て触れてみて下さい。
スタッフ一同お待ちしております。

〒589-0013 大阪府大阪狭山市茱萸木6-1946
リーフビレッジ2階
TEL 072-284-7144
水曜定休 営業時間10:00~18:00

大阪府の新築注文住宅を建てるデザイン住宅のハウスメーカーのショールーム

天然木のキッチンをメインに
ダイニングセットなどLDKをご体感下さい。
※商品説明ご希望の方は要予約となります。

〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10
ATCビルITM棟9階IHPC内
営業時間 10:00 ~ 18:00
定休日 水曜日

大阪市の新築の注文住宅を建てるハウスメーカーの工務店の無料相談会 大阪市の新築一戸建てのデザイン住宅を建てる工務店への無料相談会
大阪府大阪市でデザイン性の高い高性能な新築一戸建ての注文住宅を建てるならリーフへ
大阪市の新築一戸建ての注文住宅を建てる工務店の無料相談会 大阪市の新築一戸建ての注文住宅を建てるハウスメーカーのイベント情報 大阪市の新築一戸建ての注文住宅を建てる工務店の資料請求